スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HoiAn-U-Café の試み

2008年初夏、世界遺産の町HoiAnの片隅にCafé計画を立案。日本、オーストラリア、もちろんベトナムの建築士さんも加わって、Caféプロジェクトがスタートしました。
ベトナムは南北に長い国。その中で、中部地域はその地形上頻繁な天災に見舞われてきました。二期作、三期作が可能な豊富な水と気温に恵まれたこの地域ですが、‘中部地域は天秤で南部と北部に支えられている’と言う言葉どおり、経済的には恵まれているとは言えません。

rizkampo-Hoian-Majo2009.jpg
写真HoiAn郊外(May06,2009)

そこで、わたし達のCaféでは3つの柱をたてました。
1.中部地域の若くして自立しなくてはならないこども達とともに共同生活をしながら、共に働き学び、また将来的には彼らの自立を支援する計画です。
2.ベトナムではまだ数少ない試みとして、排水・廃棄物のリサイクル、ソーラーシステム導入など環境に配慮した建物がデザインされました。現在、HoiAn市に設計書を提出し、建築の認可を待っているところです。
3.安全な食材を使った食事の提供を準備しています。
4.わたし達は、Caféの中だけでなく世界遺産の街全体の環境問題にも大きな関心を持っています。川や空気の環境保護など将来はグリーンツーリズムにも取り組みたいと考えています。
わたし達は、このような計画で走り始めました。わたし達自身、周りの方々のアドバイスを頂ながら、この1年多くのことを学んで来ました。わたし達はこれからも社会に横たわる困難な課題に取り組みながら、Caféの課題に取り組みながら活動の輪を広げたいと考えています。わたし達の活動が皆さんの共感を呼び、同時にみなさんと共に社会のあり方を考えて行けたらと考えています。

malnovaputo-Hoian.jpg
写真:HoiAn旧家の井戸
スポンサーサイト

⇒comment

Secret

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。